1897年、ニューヨーク サン記者への手紙

記者さんへ

私は、8才です。私の友達に「サンタクロースなんていない」という子がいます。
パパに聞いたら、
「もし新聞にサンタクロースは本当にいると書いてあれば、そのとおりだと思うよ。」
といいました。
だから、どうか本当のことを教えてください。
サンタクロースは、本当にいるんですか?

バージニア・オハロン

その返事は新聞の社説になりました。

バージニア

君の友達は、まちがっていますよ。
その子たちはきっと、何でもうたがう、うたがい病にかかっているんだと思います。
自分に見えるものだけしか信じない、自分に分からないことは、何でもうそだと思うんです。

あのね、バージニア、心というものは、大人でも子どもでも、あまりかわりません。
みんな小さいものなんです。

人の知恵は、この限りない宇宙の中では、1匹の虫のようです。
アリのような小さな存在なのです。その広く深い世界を知るには、
世の中のすべてのことを理解し、知ることのできるような、深い知恵が必要なんです。
そうです、バージニアサンタクロースは、本当にいます。

この世に満ち溢れる愛や優しさや、信じる心があるように、
毎日を美しく、楽しくしてくれるように、サンタクロースは本当にいるのです。
あなたもそれを知ってるでしょう。

もし、サンタクロースがいなかったら、この世はなんてさびしく、つまらないでしょう。
もしあなたのような子どもがいなかったら、さびしくてしょうがないくらいさびしいでしょうね。

もしサンタクロースがいなかったら、がんばる力をつくってくれる、
子どもらしい信じる心や、詩もロマンスもなくなってしまいます。

ただ目で見たり、手でさわって感じたりするだけで、よろこびがなくなってしまいます。
子ども時代に、きらきら光るひかりが消えて、まっくらになってしまいます。

サンタクロースを信じないですって!
サンタクロースなんていない、と言うのは、妖精を信じないのと同じです。

クリスマスにパパにお願いして、誰かやとってもらい、町中のエントツをみはってもらったらどうでしょう。

サンタクロースがつかまるかもしれませんよ!
でも、もしエントツからおりてくるサンタクロースが見えなかったとしても、それが何の証拠になるでしょう。
サンタクロースを見た人はいません。

でもそれは、サンタクロースがいないという証明ではありません。
この世の中で、一番確かなことは、子どもにも大人にも、見えないものなのです。

あなたは、芝生の上でダンスをしている妖精を見たことがありますか?
もちろん、ないでしょう!
でもそれは、妖精がいない、という証拠ではないのです。
この世の中にある見えないもの、見ることができないものが、
全部作り事や想像したものだとは限らないのです。

赤ちゃんのガラガラを壊して、どうやって音が出るのか調べることはできます。
でも、世界の目にみえないものをおおっているベールは、
どんな力持ちでも、今までにいた一番の力持ちでも、やぶることができないのです。

ただ、信じる心や、詩、愛、そして、ロマンスだけが、カーテンを開き、
その向こうにあるたとえようもなく美しいものや、よろこびを見せてくれるのです。

その美しいものやよろこびは、全部本当のものでしょうか?
バージニア、これほど確かな、これほどわからないものは、この世の中には他にないのです。

サンタクロースがいないですって!

とんでもない。ありがたいことに、サンタクロースは、ちゃんといるんです。
けっして死なないんですよ。

千年たっても、百万年たっても、子どもたちの心をよろこばせつづけてくれるんです。

という新聞記者の粋なはからいの話を最近知りました。実話だそうで。