Windows Live Writerってのを使ってみるテスト

少々動作が遅いような気がするが、記事を作成するには、使いやすい構成になっているような気はする。

9F956A0BCAA48B7C_389_0

小さいのでわかりにくいが、上にツールバー、横に作業ウィンドウと、ワードに近い構成なので、比較的作りやすい。最近ずっと携帯で投稿していたが、たまにはPCからもいいなと思った。

ちょっと振り返ってみる。

さて、約4ヶ月半の中断でしたが、この間に色々な事がありました。少し落ち着いたので、ここで、少しこのスペースでとりまとめをしておきたいと思います。(まぁ、個人の日記というか、備忘録みたいなものなので、勝手に話は進んで行くわけですが。)

①ここのテーマについて

当初から、ここは備忘録がわりとして機能させてきました。取り扱う話題は、先ほど確認したら思っていたより幅広く登録されていました。
ハードウェア・Win95/98/NT・Unix・音楽・政治・教育・歴史・社会科学・Windows XP の8項目です。これは、自分でも把握してませんでした。とりわけ、政治、教育、歴史、社会科学の4項目は、1回も触れていません。私は、京都で大学院生をしていますので、登録の際に研究の中身や勉強した事もここにメモするつもりだったのかもしれません。
研究の日常については、3件書き込んでありますが、それもずいぶん前のものです。以下に書こうと思いますが、自分の中で少し今後の書き込み方のルールをはっきりさせる必要が出てきたように思います。現状では更新もほとんどなく、存在意義があまりありません。(社会的意義ではなくて、個人的な意義)
また、過去の書き込みを見ていると、趣味及びコンピュータに関する書き込みが大半を占めています。趣味はともかく、コンピュータの書き込みに関して振り返ってみると、特に備忘するような内容は含まれていないように感じます。言い換えると、単なる実験としての一回性の内容で、今後同じ事をするかどうかもわからない内容が多いわけです。これらの項目に関しても、少し書き込む内容を再考する必要があるかもしれません。
総じて言えば、この「わたりの不定期日記」が自分の思惑とは違う形で今まで続いてきたわけで、実はそれが一番自然な姿なのかもしれません。しかし、開設から約10ヶ月、少なからずMSN からサーバーのスペースを借りている事を考えると、無駄に利用しているのも申し訳ないし、もったいないなと思うわけです。ブログというシステムは、ここ近年のインターネットの形を大きく変えたように思います。HTMLという敷居を取り払い、情報の公開を容易にしたことを考えれば、今後益々、普及・進化を続けると思います。その社会的展望はともかく、個人的には、公共的領域における私的領域の構築及び、実際の社会生活と密接に関わる思考的な領域としての展開を考えたいと思います。

②空白の4ヶ月

さて、先ほど私は大学院生だと書きました。しかも教育学の博士後期課程の大学院生です。何のことはない社会において限りなくプータロウに近い存在です。それなりに頑張ってはいますが、将来の展望も見えず、なかなか苦しい現状です。
と、世を悲観して拗ねててもしかたがないので、日々できることをしているわけですが、3月に過去の書き込みで触れていた論文が紀要として公開されました。論文をどこかに投稿して掲載されるということは、まがいなりにも私的な思いつきから、公共性を帯びた「知」として存在することになります。単なる独り言ならば、「何かわめいとるわ」でいいのですが、原則的に、論文として公開したものはある程度の責任があるわけです。(そこまで凄いことを書いてるわけではないのですが。)
このように考えますと、インターネットの中で備忘録とはいえ、何らかの情報を公開することは、独り言・学問的な話・日記など、どんな内容でも公開可能性という点で考えれば公共性があるわけです。(その内容が影響力があるとかの話ではなく、アクセスし、閲覧できるという形態こそが、公共的な性質だということ。)①の最後で触れた個人的な方針の実践は、この公開可能性としての公共性と密接に関わる試みなわけです。
さて、4月には、様々な縁で、とある私立高校で情報科のTA(補助教員)をすることになりました。教育学を研究している身として、一番足りていなかったのは教育現場での実践経験でした。今まで、ずっと文献を中心に研究をしてきました。色んな学者が書いてきたことを解釈し、何かしらの新しい事が言えたらいいなと考えてきたわけですが、いざ、現実にどう還元していったら良いかを考えると、如何ともしがたいわけで、残念ながら、机上の空論と言わざるをえません。人文科学や社会科学は、方法論はともかく、あくまで人間が社会のなかでいかに生きるべきかを取り扱う分野であり、現実に還元できないということは、研究として社会的意義がないということになります。これでは、個人的にもやってて虚しいだけで、長い間どうしたものかと考えておりました。しかし、実際の教育現場で(補助ではありますが、)教育的実践をする機会を得たことは、現実を取り扱う上で大変有意義な経験となっています。今まで学んできたことも頭だけでなく、身をもって考えることができました。
5月~6月が過ぎ、7月に入ってようやく生活のサイクルが定着し、この数ヶ月を振り返ってみると、今までにあまりないほどに濃い経験をする事ができました。忘れないためにここで書くことにしたわけです。

③MSN Spacesについて

現在様々なインターネット上のサービスを利用しており、多くのアカウントを所持しておりますので、新たにアカウントを増やすのはつらいと考え、MSNのブログサービスを利用させていただくことにしました。(インターネット接続にはYahoo!BBを利用していますので、Yahoo!のブログサービスを利用しようと思いましたが、当時はまだサービスがありませんでした。)
他社のサービスと比較しますと、それほど自由はききませんが、その分あまり体裁を考えずに書き込みができます。ただ、記事追加フォームは、Internet Explorer以外では、少し不便です。普段Firefoxを利用していますが、レイアウトの変更も、絵文字の書き込みも一挙動増えたり、工夫が必要だったりと、明らかにMicrosoftが便利だよと言わんばかりのシステムになっています。まぁ、しかたないかなとは思っておりますので、気にしないことにします。
デザインというか、テーマはいかにもMicrosoftらしいセンスで、可もなく不可もなくという感じです。サービス開始当初は、今ほど凝ったデザインはありませんでした。(当時のMSNサイトやメッセンジャーみたいなものしかありませんでした。色が違うだけ。)今は、テーマの数も増えて選択肢が広がったので良いのではないでしょうか。
何でもそうですが、最初に利用したソフトウェアなり、サービスなりのやり方が、今後のソフトウェアやサービスの選択や、利用上の可否の基準になるので、現状他社のブログサービスを利用していないので、比較としての使用感はコメントできませんが、記事を書き込み、公開することには、ブラウザによる格差以外は特に不満はありません。

④今後の書き込みの方針について

現在、カテゴリ分けは、コンピューターとインターネット、日常、研究、趣味、音楽の5項目です。これまで、主に書き込みしてきたのは、コンピューターとインターネット、日常、趣味の3項目です。この3つが多いのはわかっていましたが、意外とばらつきなく均等に記事がありました。一方で、意外と少ないなという印象を受けたのが音楽でした。最近音楽を聴く機会がずいぶん減っているのが原因かもしれません。研究に関しては、前述の通り、研究の日常の記事があるのみです。
この現状をふまえて、各カテゴリの均衡化にむけて、書き込みを重点的に強化する項目は、やはり研究の項目と音楽の項目と言えます。もちろん、無理矢理ネタをみつけて書く類のものではないので、厳格な縛りは設けることはしませんが、次の論文を書くのに有用な記事の作成は、実生活においても有効なものにしたいと思います。できれば、論点整理、章立て、現場の出来事の記述(プライバシーに配慮)、文献の要約及び、思想の整理などが書けたらいいなと思います。その為に今後カテゴリの整理をしたいと思います。

さて、以上長々と整理してまいりましたが、この記事自体が備忘録です。チャランポランな性格をしておりますので、何かに書いておかないと忘れてしまうんですね。

Comments

※ Live Spaces のコメント欄

– 2005/07/05 21:40:03

こんばんは。初めてコメントします。 久々の更新ですね。えっらい長いカキコだなぁ・・・なんて思ったりして。そして、さすがわたりさんの備忘録ですねぇ。論文みたいっす・・・(笑) また音楽の話でもしてください。個人的には、教育現場の話が聞きたいですが・・・更新、楽しみにしてます!

– 2005/07/06 8:09:26

あ、ども。読んでくれたのね。これは、公共領域としてのインターネット空間における私的関心の位置づけの実験みたいなものです。 例えば、音楽の話題にしても、他人に見てもらって、何らかの参考になるとする。その内容自体は極めて、個人的なダイアログみたいなものかもしれないけど、参照された時点で、話題としては公共的なものになるわけです。 現在のWebページに圧倒的に少ないのは、〈知〉の共有化ではないでしょうか。もちろん、裏付けがしっかりしている情報もあるにはありますが、まだまだ根拠のない情報や、人の情報を無断使用した情報が圧倒的な数を占めていると思います。 一つの方法として、記事作成の方法を自分の中でルール化し、(ある程度信用できる(あまり自信はないですが))情報をどう発信できるかを試してみようというわけです。 まぁ、今後どうするかはわかりませんが、とりあえずこんな事を考えてみましたよ~っていう記事でした。

– 2005/07/06 18:42:57

ちゃんと読んでるっすよ☆^^てか・・・わたりのこの記事読んでると、なんかオイラが書いてるブログの内容が、くらだんもんのような気がしてくるんですが・・・ま、実際、くだらんこと書いてるんだけど・・・(笑) オイラの場合は、普段日記書いても続けれないから、ネット上なら続けれるかと思ってやってるだけなんだけどねぇ。でもネットだと、みんなに見られるわけで・・・もちろん、超個人的なことは書けないけど、何回も読み直して、編集したりしてるわけであります。 UPした後も、読み直したりもするけどね。オイラは、こんなこと考えちゃったりしてるんだけど、みんなはどう思うかねぇ?みたいな感じっすわ。 ・・・何が言いたいのかわからんくなってきた・・・(--;) いろいろ教えてくださいってことです。そして、楽しみに読んでるってことです。こんな読者もおるぞーみたいな・・・(笑)たまには、オイラんとこも遊びにきてくらはい☆^^

RSSって便利だなぁ。

RSSってご存知ですか? RSSとは、一般的にRDF Site Summaryの略だそうで、主にブログやニュースの記事の管理に利用されている技術だそうです。

ということは、このブログでも利用されているわけで、RSSリーダーと呼ばれるものでも、ここの記事が参照できるそうです。

試しに、RSSナビというサイトでRSSを探していくつか登録してみるとそれぞれの最新情報が簡単に閲覧できました。

僕が簡単だなぁと思って使っているのがFirefoxライブブックマークです。ブックマークの管理から「新しいライブブックマーク」としてRSSフィードを登録しておけば、自動的にそのサイトの最新記事を拾ってきてくれます。このブログのRSSフィード(これは自分が管理しているのであまり意味は無い(笑))やよく見ているブログを登録したり、ニュースサイトなんかを登録して利用しています。

自分でHTMLタグをテキストエディタで打ち込んでWebサイトを作っていた頃から考えると、ずいぶん楽にサイト運営ができるようになったなぁと改めて感心しました。

どうやら、ブラウザによって差別がある?

どうやら、IE以外のブラウザでは編集がややこしいのかもしれない
この書き込みの装飾などは全部タグ打ちしなければないないみたいだ。
まぁ、他のブラウザでも編集できるようになっただけましかな?

そんなこんなで、こんなページを見つけた。みごとに釣られた。本家のスレに記念で書き込んでおいたんだけど、どうやら、もうそっちは見れないらしい。

まぁ、リアルタイムに経過観察ができたので良し。もうね、アホかと、バカかと…(笑)

何と!

ここのブログはIEでしか編集できないみたいなことが出てたので、リナックスでは無理だと思っていたんですが、何とmozilla Firefoxでは編集できるではないですか!! 普通にびっくりしました。 しかも、久しぶりにデザインの変更をしようと思ったら背景がついたテーマ(みたいなもの?)が大量に増えている。知らなかった…。

そうそう、最近NECの方はRedhat Linux9にしました。

追加
どうも、ブログ書き込みの仕組みが変わったみたいで、普通のモジラでも編集できました。9F956A0BCAA48B7C_207_0